橋下徹の現在の仕事は何?誰かに噛みつき炎上で世間のイメージ悪いよね?




元大阪府知事の橋下徹さん。

最近では結構テレビにも出られる機会もあったり、情報番組などにも多数出演されていることから、知らない人は少ないのかもしれませんね。

そんな橋下徹さん、結構辛口な発言が多いからか、度々炎上することも・・・。

 

今回は、橋下徹さんのプロフィールや経歴、現在何してるの?といったことから、過去の炎上の内容などについても調べてみました。




橋下徹のプロフィール

橋下徹のプロフィール!
  • 名前:橋下 徹(はしもと とおる)
  • 本名:橋下 徹
  • 出身地:東京都渋谷区
  • 身長:173cm
  • 血液型:O型
  • 誕生日:1969年6月29日
  • 所属:橋下綜合法律事務所

橋下徹さんといえば大阪!なイメージが強かったのですが、出身地は以外にも東京だったんですね。

小学5年生の時に大阪に引っ越したそうです。

 

詳しい経歴は後ほど、紹介するのですが、印象深いのは大阪府知事時代だったのではないでしょうか。

ですが本業は弁護士・タレントであり、弁護士としては25歳の時に司法試験に一発合格だそうです。

そんな司法試験の勉強中、支えたのが現在の奥さんだとか。

 

大学生時代に出会い、付き合っていたそうで、司法試験に合格した翌年にめでたく結婚されたそうです。

2人の間にはなんと7人の子供もいて、イメージにはない大家族なんですね。

橋下徹の経歴は?子供たちも高学歴?

ここで橋下徹さんの経歴などについて紹介していきます。

橋下徹さんの出身高校は大阪府立北野高等学校

調べてみたところ偏差値76ということで、相当偏差値が高い学校に進学されています。

 

さすが・・・という感じですね。

ですが、現役で早稲田大学を受験するも、不合格で1年間浪人することになります。

翌年無事に合格し、早稲田大学政治経済学部経済学科に入学することになります。

 

卒業したその年、25歳の時に司法試験に合格し、3年後に大阪の樺島法律事務所に入りました。

その後1998年に現在も所属している橋下綜合法律事務所を設立し、独立。

弁護士の傍、タレントとしても活動するようになってきます。

2003年ごろからは「行列のできる法律相談所」にもレギュラー出演されていたんですね。

 

その後は2008年に大阪府知事に当選、任期満了後の2011年には大阪市長となり2015年の任期満了まで務めを果たします。

一時は総理大臣候補!とまで言われていたのですが、2015年に市長任期満了と同時に政界を引退。

現在の弁護士・タレントとしての活動にシフトチェンジしたんです。

 

そんな優秀で総理大臣候補とまで言われた橋下徹さんの7人の子供も優秀と噂なんです。

調べてみたところ、長女は京都大学に、長男と次女はあの有名な洛南高校に通っていたそうなんです。

そのほかの兄弟は地元の県立高校なのではないかと言われているのですが、3人も高偏差値の学校に通っていること自体すごいですよね。

教育にはやはり力を入れていたんでしょう。

橋下徹の現在は?どんな仕事してる?

橋下徹さんは先ほどにも話した通り、現在の職業としては弁護士・タレントとして活動されています。

 

弁護士としては、1998年に橋下綜合法律事務所を立ち上げ、政界に行くとともに弁護士業からは外れていたようです。

その時は一旦代表としての立場を事務所の他の弁護士の方に頼んでいたようですね。

2015年の政界引退とともに弁護士として復帰されていますが、その時に代表としても復帰されています。

 

タレントとしては、度々テレビに出演されていますよね。

討論番組や、情報番組などのコメンテーターとして政治解説をされている姿が印象的です。

正解は引退されているので、政治家に戻る可能性は少ないのかなとも思いますが、Twitterなどをみても結構政治的な視点からの情報発信はされていますね。

かつての辛口で毒舌な橋下節は健在のようです。

橋下徹が噛み付き炎上!誰に?どんな内容?

毒舌と言いますか、強い口調での発言が橋下徹さんの特徴でもありますよね。

政治家でなかろうと、国会議員でも批判には噛み付き、度々炎上することも。

挑発気味の発言が多いので、程度によって炎上することはあるだろうな、という感じなのですが・・・。

 

最近で言えばコロナウイルス関連

10万円の一律給付についてやPCR検査についてなど、Twitterで発言されています。

例えばPCR検査についてなども、橋下さんは発熱とは言え36.8度、倦怠感と喉の痛みのみで受けたことを報告されています。

数日続いたとは言え、これは上級国民だからか?とTwitterを始め、炎上しましたね。

 

また、10万円の一律給付についても、国会議員や公務員などは受け取るべきでない!と持論を展開。

その他、番組に出演する度、ツイートする度に大きいものから小さいものまで結構炎上しているみたいですね。

 

一部では炎上商法などとも言われていますが本当のところはわかりません。

Twitterで「橋下総理」という言葉がトレンド入りした時には、批判が殺到していました。笑

どの発言が正しいと思うかは人それぞれかと思いますが、発言する立場も大変ですね。

橋下徹の世間からのイメージは一体どうなの?

橋下徹さんの世間からのイメージは一体どうなんでしょうか。

大阪府知事時代などは人気も高く、今でも大阪では支持されている人も少なくはないそうですね。

とは言え現在は炎上することも多く、いいイメージであるとは言えなさそうです。

 

また、「橋下総理」のトレンドに批判殺到したことも世間からはよく思われていない要因なのでしょうか。

ですがこの時も、総理になってほしい!という声もあり、やはり意見は二つに分かれますよね。

ただ、Twitterを見る限りではいいイメージを持たないであろう人の方が圧倒的に多かった気がします。

あの挑発的な感じといい、テレビでの発言といい、あまりよく思わない人も多いのですかね・・・。

 

今後も弁護士・タレントとして影響力を持った中での発言が注目されますね。

特に今の時期だと、誰もが敏感になる時期でもありますし、炎上商法的な発言は受け入れられ難いのかもしれません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




おすすめの記事